当院が選ばれる理由

治療方針

個々の患者さんの生活習慣が違うように「痛み」も患者さんによって違います。

例えば、「膝が痛い」と訴えのある患者さんがいれば、膝のどこが痛いか、どういうときに痛いか、痛みが出始めてからどれくらい経過しているか、年齢、体格、スポーツをしているか、スポーツをしていればどんなスポーツか、など人それぞれです。

そうした時に、膝の痛い方々に対して同じ施術をするのではなく、それぞれの患者さんにあった施術をしていかなければなりません。

膝の痛みの原因が膝では無く、腰痛が原因で体のバランスが取れない為に膝に負担が掛かるケースなど、様々な要因が考えられます。

痛みがなぜ出ているのか原因を追究する、それが早く痛みを取り除くために非常に重要なことなのです。

当院では手技による施術(CIM式BT療法・AKA療法)の他、アキュスコープ&マイオパルスなどの最新医療機器を使用し、それぞれの患者さんにとって最適な施術を行っております。

今まで治療にあたってきた経験から症状の早期改善には「この患者様にとって、いま何が大切か」を重視し、患者様と同じ目線に立って、患者様との対話を通じて施術に当たることを診療方針としております。

豊富な機器治療

患者様の症状に合わせる為に数多くの種類の治療器をとりそろえております。

サイバー9000

photo02

スキャニングにより損傷の状態を察知し、直流の治療波を患部に出力します。

疼痛の緩和に即効性があります。また、固く動きの悪くなった筋肉をピンポイントで調整することもできます。

総合電流刺激装置ES-520

photo03

7種類の電気を流すことができる治療きです。疼痛の緩和、治癒、回復の促進・筋緊張の緩和に効果的です。(3台)

超音波治療器US-750

photo04

超音波による細かい振動を深部の組織にまで伝え、血流を改善し治癒・回復の促進、疼痛の緩和などに効果的です。

干渉波治療器SK-9W

photo05

周波数の違う2つの中周波(3000~4000Hz)を患部に流すことにより、深部の筋肉や神経に作用させることができます。

疼痛の緩和、筋緊張の緩和などに効果的です。

大型低周波治療器

photo06

延長コードを利用し各ベッドで使用できるように設置してあります。周波数を変えて治療するため、様々な症状に対応できます。

疼痛の緩和、筋緊張の緩和が期待できます。ホットパックによる温熱療法もできます。

  • facebook
  • twitter
  • mixi