冷え症療法

冷え症は体質?

今まで冷え症は「冷え性」と言われていました。

ようするに「冷えやすい体質」と考えられてきたのです。

しかし現在は研究がすすみ、生活習慣から引き起こされる症候だということが明らかになりました。

放っておけば悪化し身体に様々な悪影響を及ぼします。

しかし適切な治療や対策をとれば症状が改善していくことが分かったのです。

また、これまでは冷え症の原因は血行不良だとされてきました。

もちろん血行不良であれば冷え症になります。

しかしこれは原因の中の一つであって、冷え症の起こる本当の原因は「内臓温の低下」にあることが明らかになったのです。

ですから、手足が冷たいときに手足だけを温めるというのは真の改善になっておらず、真の解決方法は内臓温を上げることだったのです。

冷え症と内臓温の関係って?

photo01

女性の70%が冷え症といわれていますが、その原因として
みぞおち付近の体温が下腹部の温度より低くなる現象があります。

特に女性の場合は骨盤内臓器が男性に比べて複雑なので下腹部に血液が集まり全身に血液がまわりにくくなる事があります。

そのため、内臓の温度が低くなり、冷えを感じることになります。

内臓温低下は冷え症の中でもそのままにしておくと婦人科系の疾患になりやすくなったり体調を崩しやすくなるなど、様々な疾患の原因にもなります。

冷え症を根本から改善するには身体の中から改善が必要です。

「冷え」は万病のもと!

「冷え」はさまざまな疾患や症状の原因になります。

内臓温が低下すると…

imgtext01imgtext02imgtext03imgtext04

などの現象が起きます。そしてこれらがさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

「冷え」によって起こるさまざまな症状を書き出してみたいと思います。

① 神経系の症状

頭痛、頭重、立ちくらみ、めまい、耳鳴り、不眠、のぼせ、憂うつ、イライラクヨクヨ、胸痛、肋間神経痛、慢性疲労、倦怠感、etc

② 婦人科系の症状

月経不順、月経困難症、月経痛、無月経、不妊症、不正出血、不感症、おりもの、陰部のかゆみやひきつれ、更年期症状、下腹部のひきつれや痛み、肌荒れ、手足の冷えやほてり、etc

③ 消化器系、泌尿器系の症状

口内炎、食欲不振、お腹の張り、慢性的な便秘、過敏性腸症候群、下痢、痔、慢性腎炎、排尿障害、etc

④ 呼吸器系、アレルギー疾患の症状

鼻炎、くしゃみ、鼻水、扁桃腺炎、せき、のどの詰まり、肺・呼吸器疾患、かぜをひきやすい、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、過敏症、etc

⑤ 運動器系、その他の症状

腰痛、肩こり、腰の冷え、背部痛、関節痛、膝の痛みや腫れ、足のしびれや痛み・ひきつれ、足がだるい、etc

どんな治療なの?

まず、冷え症度をチェックします。これにより冷え症の程度がわかります。

① 院内治療

超短波治療器と足浴器を使います。

超短波治療器とは?

数ある医療器械の中で唯一お腹の中まで温め、刺激を与えることのできる器械です。

足浴器とは?

全国冷え症研究所の足浴器「あったか姫」は、グラデーション温熱(部位によって温める温度を変える方法)により末梢からの血流を改善します。

つまり下肢とおなかを同時に温める画期的な治療法なのです。

これにより下半身だけでなく、全身がポカポカしてきます。

半身浴よりも熱の浸透性が良く、衣服を付けたまま行えるので簡単です。

非常に心地よい刺激でほとんどの方がウトウトしてしまいます。

岩盤浴などとの大きな違いは本当に温めなければならない部分だけを温めているということです。

こちらの方がより体は温まり、その熱が持続します。

また岩盤浴のように全身を温めて眠ってしまうと、そのあとに体がダルくなります。

そのまま就寝できるのならばいいのですが、普通はそうはいかないのでダルくならないように座って、下半身だけを温めるほうが良いのです。

① 自宅での対策

冷え症が生活習慣から引き起こされる以上、自宅での対策も不可欠となります。当院では自宅でできる「冷え症対策法」をお教えいたします。

こんな方に向いています

手足の冷え、頭痛、神経痛、手足のしびれ、便秘、生理痛、倦怠感、動悸、めまい、息切れ、不眠症頻尿、精力減衰、うつ病、食欲不振、更年期障害、不妊症、しもやけ、痔、慢性的な肩こり・腰痛、夜尿症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症などなど

薬、注射でも治らない症状がたくさんあります。

次に該当する方は治療できませんのでご了承ください

①ペースメーカーを装着されている方

②人工関節など体内に金属を埋め込まれている方

③金・銀糸の刺繍が入っている服、帯電防止の作業着を着ていらっしゃる方

④妊娠中の方またはその可能性のある方

⑤治療部位に磁気テープ(ピップエレキバン)や、チタンテープを付けている方

⑥糖尿病の治療を受けられている方

治療後の身体の反応

『身体がポカポカする』『今まで冷たかった場所が温かく感じる』

『喉に違和感があったのに無くなった』『肩こり腰痛が楽になった』

『今まで気になっていた痛み・シビレが楽になった』

『夜寝ていて目が覚めなくなった』『朝の目覚めがよくなった』

などの様々な感じ方が表れています。是非、意識して下さい。

自律神経失調症??

心の病気?と勘違いをされる方がいますが、自律神経の仕事は自分の意志ではコントロールができない働き(心臓を動かす、胃で消化する、汗をかく、血流を調節するなど)をします。

様々なストレスなどで自律神経の働きが乱れ、弱まると自律神経失調症になります。

【※自律神経の種類】

①交感神経

昼の神経と呼ばれ、昼間の活動的な時に活躍する神経。

②副交感神経

夜の神経と呼ばれ、身体を緊張から解きほぐし休息させるように働く神経。

自律神経失調症はストレスや悩み事により交感神経だけが働き続け、副交感神経への切り替えがうまくいかなくなります。そして、交感神経だけが偏って働くようになり昼も夜も身体を活動させる緊張状態が続くようになります。

そうなると身体は休まらずに全身のありとあらゆる器官にさまざまな不定愁訴があらわれてきます。

これが自律神経失調症です。

時間は20分、治療費は? ※予約制集中治療では30分もあります。

◎保険治療併用    
☆60歳以上・学生 初診   500円 2回目~ 300円
☆60歳未満 初診   1,000円 2回目~ 500円
◎自費治療 初診   3,000円 2回目~ 2,000円
  • facebook
  • twitter
  • mixi